エンターテックアイデアソン

Panasonic 神戸製鋼所 関西電力

対象学生:学部専攻不問 統計データを利用した事のある方

応募締切3月13日

ーデータサイエンスを仕事にしたい学生のための1day就活イベントー

「学んだ統計の知識を活かして仕事に就きたい」、「データサイエンティストとして働くことを目指しているものの自分に合う環境が見つかっていない」、「データサイエンティストになりたいけどどうしたらなれるのかわからない」‥そんな就職活動中の大学生・大学院生のみなさん。まずはこのイベントでデータに触れて、企業でのデータ活用を体験してみましょう。

参加条件は“データサイエンスを仕事にしたい/企業のデータ活用に携わりたい就職活動中の学生“ということだけ。
大学・学部・専攻・学部生/院生・スキルは一切不問です。

*2019.2.28 キャンペーン情報追加
        
<!イベント参加特典!>
①学生に朗報!イベント参加の交通費を支給!
②その場でスポンサー企業3社にすべてエントリーした方全員に、もれなくAmazonギフト券(1,000円分)をプレゼント
        
<!キャンペーン!>
【グループ参加キャンペーン】
知人友人と一緒に参加すれば1人につきAmazonギフト券(1,000円分)をプレゼント!
        
※特典・キャンペーンの獲得に関する注意はエントリーページでご確認ください。






>

IoTAIRPythonMATLAB

参加対象者

こんな方にオススメ

チェック
  • 今回のイベントスポンサー企業で、データに関わる仕事をしたい方
  • データサイエンスを学んでいるが、実際の仕事内容がよくわからない方
  • 統計を面白いと思っていて、仕事にしてみたいと考えている方
  • データサイエンティストとして仕事をしていけるか、確認したい方

参加するメリット他の就活イベントとは何が違うの?そんな疑問にお答えします。

はたらくイメージがつく

企業の具体的なデータ活用事例を知り、ワークショップ(ハッカソン※)で実際のデータに触れることができるため、実際の業務内容をプレ体験することができます。ワークショップには、その企業の社員も一緒に参加するので、よりリアルな内容に! Data Shipもフォローしますので、初めての方でも安心して参加できますよ。

部署の社員と直接話せる

大規模な就活イベントや企業説明会だと、実際にデータ活用している部署の社員と接点とれる機会は多くないですよね。このイベントでは、彼らと実際に多く交流できる機会を設けています。どんな風に働いているの?どうやってキャリアを積めるの?各社から20代若手社員も参加してくれますので、ぜひ積極的に質問してみてください。

その場でエントリーできる

イベント終了時に、スポンサー企業にその場ですぐプレエントリーすることが可能です。話を聞いて、仕事を体験し、興味をもったらすぐにアクションできます。就活を大きく前進させるチャンス!

逆オファーの可能性あり

イベントの交流やハッカソンの参加で、良いご縁があれば、その場で企業から声がかかる可能性があります。めったに無いチャンスですので、ぜひご来場ください。また悩んでしまった方には、Data Ship相談ブースも構えていますので、就活やキャリアについて相談するのもOKですよ!

テーマハッカソンについて

内容は?

気になるデータハッカソンの内容は?

回帰・分類・探索、時系列予測、異常検知・因果推論、画像認識・分類、テキストマイニングなどを用いて、素材製品開発の効率化・高度化、機械製品の付加価値向上、生産設備の操業支援・自動化、製品検査の自動化などを推し進める、神戸製鋼所社のデータを利用。

ータで課題を解決せよ!

課題は?

①ものづくりの製造現場に貢献せよ
②サービス開発に挑戦せよ

データサイエンスを利用した①製造現場の課題解決、あるいは②新規ビジネス開発のどちらかを選択して(※)その場にいる参加者でチームをつくって参加していただきます。
人工知能(AI)を活用して製品開発力とものづくり力の強化を目指す、神戸製鋼所社の「AI推進プロジェクト部」のメンバーと一緒に、データサイエンスの仕事を体験しよう!
※エントリー時にどちらか参加したい方をお選びください(任意)。※予告なく内容が変更になる可能性があります。

雰囲気は?

誰でも参加できるハッカソン

持ち物は、PC・学生証、だけ。就活イベントですが、スーツでなく私服でハッカソンを楽しめます!エントリーに影響することもありませんのでご安心ください。ランチもこちらで用意致します!
※ 必ずしも希望の部署への配属を確定するものではありません。
※ PCはハッカソンで使用しますので、必ずご用意ください。
※ Wi-Fiはこちらでも用意しています。
※ハッカソン・・広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック“(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語。

スケジュールスケジュールをチェックしよう

2月25日

エントリー開始

3月13日

エントリー受付終了

当選者には抽選でご連絡致します

3月16日(土)

データサイエンス就活

10:00-10:30

開場・受付

10:30-10:40

オープニング・スポンサー企業紹介

10:40-10:55

【講演】データサイエンス系職種の就活のポイントとは?

10:55-11:45

【企業講演】会社説明とデータ活用事例

11:50-12:40

【データハッカソン】 午前の部

12:40-13:30

ランチ交流会

13:30-16:40

【データハッカソン】 午後の部

16:50-17:50

【データハッカソン】 プレゼン発表

17:55-18:45

【若手社員質問会】

18:45-19:00

アワード・クロージング

協力企業のデータ活用スポンサー企業の貴重な事例を見てみよう

神戸製鋼所のデータ活用事例

神戸製鋼所社では、1980年代に製鉄のプロセス制御分野で始めたAI活用を、現在では鉄だけでなくアルミ、銅、溶接、機械、電力、建設機械などに対象範囲を拡大させ、ディープラーニングを使った画像認識やテキストマイニングなどの活用にも取り組んでいます。

プラント運転条件の最適化

さらに効率的で環境負荷の小さい運転の実現に向け機械学習/深層学習技術の活用を進めています。

画像認識技術による
製品付加価値向上

・画像認識技術による熟練者の匠の技の自動化など、機械製品の付加価値向上に貢献しています。

・深層学習で検出した溶融池画像の特徴点に基づいてロボット制御を行い、難度の高い溶接を自動化します。

スポンサー

プラチナスポンサー

  • 神戸製鋼所

シルバースポンサー

  • Panasonic

ブロンズスポンサー

  • 関西電力
  • K4 Digital

登壇者

  • 友近 信行

    友近 信行氏
    株式会社神戸製鋼所
    技術開発本部 AI推進プロジェクト部 部長 博士(情報学)

    制御工学の専門家として鉄鋼や環境プラント、溶接ロボットの数理モデルや制御系設計、データ分析の研究開発に従事。
    情報学の博士号を取得後も、対象知識/メカニズムと統計解析技術の融合を強みに、素材製造プロセスから機械製品まで多種多様な生データを相手に格闘。機械学習を駆使した予測モデルの開発や最適化、異常検知等の応用研究を手掛ける。

  • 橋本 裕一朗

    橋本 裕一朗氏
    パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
    AI・アナリティクス部 データアナリティクス一課 課長

    1996年松下電器産業(現パナソニック)入社。
    半導体デバイスの設計・開発を経て、半導体事業の戦略立案に携わる。2013年より現職。半導体事業での知見を活かし、BIツールによる企業内データの可視化・分析、AIによる機器故障予測や状態予測のソリューションを手がける。
    【保有資格】
    データ解析士(一般財団法人実務教育研究所認定)
    ディープラーニングG検定
    (一般社団法人日本ディープラーニング協会認定)

エントリーエントリーの詳細はコチラ

日時
2019年3月16日(土)
会場
パーソルキャリア 関西オフィス(大阪駅直結・グランフロント大阪タワー)
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 / 北館 タワーB / 17階
応募締切
2019年3月11日(月)
参加条件
  • データサイエンスを仕事にしたい方
  • 企業のデータ活用に携わりたい就職活動中の学生
  • ※大学・学部・専攻・学部生/院生・スキルは一切不問
エントリーする

本プログラムに関するご質問・お問い合わせは
コチラからお気軽にお問い合わせください。